プロフィール
 

ugandakonpei

Author:ugandakonpei


青年海外協力隊現職教員参加制度でウガンダに派遣中。
帰国は平成23年3月21日


連絡は
ugandakonpei@gmail.com

 
カテゴリ
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カウントダウン
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

子犬と解放記念日

 
2011/01/27(Thu) Category : ウガンダの生活
1月26日はウガンダの解放記念日で祝日です。

ムセベニ大統領の日とも呼ばれているのですが、なんとそんな大事な記念日にムセベニ大統領がマサカの町にやってくるのです。

そのせいか4・5日前から会場となるマサカタウンの広場では軍隊が1000人以上で式典の練習をしていました。


そんな解放記念日の朝、可愛らしい鳴き声で目が覚めました。

なんだろうと思い外に出てみると、アンバーの家の前にミレンベの友達犬3匹と子犬が3匹。

ミレンベの友達犬はお隣デフスクールの飼い犬。

母犬マックスとミレンベと同時期に生まれた2匹はたまに遊びにきているのでよく知っているし、向こうも慣れたもの。

久しく母犬マックスを見てないなと思っていたら、子犬を産んでいたようである。

子犬がよちよちながら歩けるようになったからか、お披露目に来たのか、、、

隣と行っても100m以上離れているのに、この子犬を連れて遊びにくるところがすごい。

あまりの可愛さにしばらく子犬と遊んでしまいました。
P1000997.jpg
P1000988.jpg
P1000970.jpg
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

明けましておめでとうございます

 
2011/01/01(Sat) Category : ウガンダの生活
といっても実はこれを書いている今、ウガンダはまだ12月31日なのですが、、、


私にとって2010年は丸々1年、ウガンダで過ごすという貴重な年でした。

2011年はとうとう日本に帰国です。

今からとても楽しみなのですが、正直不安もいっぱいです。

帰国したらすぐに仕事に復帰することになるのですが、

日本の新年度の忙しさについていけるのかどうか、、、

しかし、そんなことも言ってはいられませんね。

バリバリ働いて、ウガンダにいた分まで取り返さないとと思っています。

なにはともあれ、本年も宜しくお願い致します。


P1000574.jpg
クリスマスから大売出しの牛肉

P1000581.jpg
両親がウガンダに来たときに持ってきてくれた「緑のたぬき」で年越しそば


 
コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
 
 

近況

 
2010/12/28(Tue) Category : ウガンダの生活
気がつけばウガンダ生活も残り100日をとっくにきっていました。

R0015273.jpg

テストが終わり、今年度の授業も終了です。

11月17日に日本から両親がウガンダにやってきました。
マーチソン滝国立公園でサファリをしたり、
カンパラでは映画「War Dance」の最後の場面にも出てきたンデレセンターでウガンダダンスのショーを見たり、
任地のマサカでのんびりと過ごしたりしました。
P1000098.jpg

12月5日にはウガンダボランティア自治会の総会があり、
長らく務めていた自治会の書記の仕事をこれをもって終えることができました。

また年明けに予定している企画のため、
トレーニングをかねて「マサカを歩く会」をマサカ隊員数名と行いました。
なんのことはない、田舎道を延々歩くだけです。
栄えある第1回は、大学時代に探検部に所属していた隊員の
「普通の道を歩いても面白くない」
の一言で初っ端から道をはずれ、マトケ畑で早くも道に迷ったり、
P1000363.jpg

道の途中にあった豚屋さんで豚の串焼きを食べたり、
P1000379.jpg

噂に聞いていただけの湿地帯を渡るボートを探して乗ってみたり、
P1000390.jpg
P1000403.jpg

外国人が初めて来ただろう道をただただ歩きながら子どもたちと戯れたり、
DSC_0128.jpg

泣かれたり
P1000416.jpg

そんなこんなで4時間半。
途中、雨に降られたりもしましたが、無事に我が家に到着。

こんな感じでなんとか元気に過ごしています。
 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
 

私は最も立派だ

 
2010/09/19(Sun) Category : ウガンダの生活
乗り合いバスで隣に座っていたセボ(男性の意)が降りる姿を何気なく見ていて目を疑ってしまった。

彼の背中にはなんと日本語が書かれている!


R0014450.jpg

いやいや、本当にすみませんでした。

隣に座ってたのに、あなたの立派さに気づきませんでした。

でも、後ろ姿は「最も立派」ですよ!

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

何人乗れる?

 
2010/09/17(Fri) Category : ウガンダの生活
R0014329.jpg

ウガンダのある町で乗った乗り合いタクシー(セダン型)での風景。

なんか変だと思いませんか?


そうなんです。


運転席と助手席のところに4人の人間が、、、

ちなみに後部座席は大人4人、子ども1人。

計9人の人間が乗っています。

「運転手はよくこんな状況で運転できるな」と感心してしまいますが、

彼らにとっては慣れたことのようです。

他の隊員によれば、同じセダン型の車に11人乗ったこともあるそうです。

ちなみにトランクはこんな感じ。
R0014281.jpg

何がすごいって、廃車になった日本車がこんだけ酷使されても動くってことですね。

Viva JAPAN!
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
リンク
Flag counter
 
free counters
 
ClustrMaps
 
 
都道府県別アクセス
 

ジオターゲティング
 
なかのひと
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。