プロフィール
 

ugandakonpei

Author:ugandakonpei


青年海外協力隊現職教員参加制度でウガンダに派遣中。
帰国は平成23年3月21日


連絡は
ugandakonpei@gmail.com

 
カテゴリ
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カウントダウン
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

ウガンダ免許取得への道~その1~

 
2009/09/23(Wed) Category : ウガンダの生活
協力隊の中でも数少ないバイク隊員なのですが、国際免許は必要ないと言われてきているので日本の免許しかありません。

日本の免許でも乗れるのかなと思っていたのですが、当然ダメです。

ようするにウガンダの免許を取得する必要があるのです。

でも、もう一度教習所に行って、試験を受けて、という必要はありません。

日本の免許を翻訳してもらって、手続きをするとウガンダの免許を取得できるそうです。

そこで首都カンパラにあがって、手続きを始めました。

① マケレレ大学言語学科で日本の免許を翻訳。

マケレレ大学は東アフリカでも名門校として有名な大学です。
RIMG0013.jpg
RIMG0009.jpg

ちなみに高校の同級生のMが10年ほど前に、このマケレレ大学に留学していました。
なにか不思議な感じです。
マケレレ大学は広い敷地のため、めあての言語学科がなかなか見つかりません。
校内を歩いている大学生に何回も聞いて、ようやく言語学科の建物が見つかりました。
RIMG0004_20090923010848.jpg
RIMG0005_20090923010845.jpg

JICA事務所からもらった免許取得のためのプリントに、
「あらかじめwordで翻訳した書類をUSBディスクで持って行くと手続きがスムーズである」
と書かれていたので、持参しました。
事務の人に持参したUSBを渡すと、大学の名前が入った用紙に印刷するのみ。
翻訳内容をチェックしたり、訂正する様子がありません。
そしてお金(30,000シル)を払うと、大学の判子を押して書類完成!

いやいやいや、あんたたち翻訳してないじゃん!
ただプリントアウトして判子押しただけでしょ!
てか少しぐらい内容をちぇっくしろよ!


と心の中で思いながら、スムーズに事が進んでいるのでよしとします。

② 眼鏡屋さんで視力検査

ウガンダの人々は視力がよいため、1.0ぐらいでは視力が悪いとされてしまうと聞いていたので、少し心配です。
検査料10,000シルを払うと、連れて行かれたのはお医者さんのところ。
簡単な挨拶をかわした後、お医者さんは早速書類になにやら書き込む。
およそ30秒で終了。
さぁ次こそ視力検査だと思いきや、書類にまた判子を押して終了!

いやいやいや、視力検査してないんだけど!

でも、とりあえずOKのようなので、よしとします。
こんなウガンダが大好きです。

③ URA(Uganda Revenue Authority)にて書類申請

予想以上に順調に手続きが進んでいるが、この時点で15時過ぎ。
URAの受付は16時までということなので、急いでマタツ(乗り合いタクシー)に乗ってURAへ。
ところがURAの最寄りのステージ(バス停)を降りて歩いていったところ、
見知らぬ学校の中に迷い込んでしまう。
これがマケレレ大学に負けず劣らず広い敷地。
なんとか正門まで行き着き、守衛さんにURAまでの道を聞くと正反対の方角だと判明。
もうこれは無理だと思いながら、とぼとぼ歩いていきます。
橋のところを降りて歩いて行けと言われたので、てっきり川沿いを歩くと思っていたら、なんと線路でした。
RIMG0025_20090923010835.jpg

ウガンダは客用列車は走っていないのですが、貨物列車が走っていることは知っており、
一度見てみたいと思っていたので、疲れもふきとびます。
単線の線路をのんびり歩いていると、ちょうど列車が向こうから。
RIMG0030.jpg

そんなこんなしているうちになんとかURAに到着。
ぎりぎり間に合うかと思ったのですが、1枚でいいはずの証明写真を2枚必要だといわれ、
ここで何を言ってもしょうがないので、本日はこれで終了。

夜は19年度2次隊のお別れ食事会が調整員のSさんの家で行われているところになぜか参加。
Sさん手作りの豪華な料理を堪能し、日本酒まで堪能しました。


RIMG0036.jpg
 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No title

 なかなかユーモアたっぷりな(いい加減な)国ですね(笑)。ちなみに10000シルは日本円で幾ら位ですか?また現地の人の視力って如何程でしょう?

 

No title

もろ海外って感じでいいねぇ
その雰囲気私も好きです
もう入れ替えの時期なんだよねぇ
あと21カ月頑張ってね
バイクで事故らないでください

 

No title

おっくん、バイク隊員だったんだね!うらやましい限り!
きっと、受付のおねいさんも、眼科のお医者さんも、瞬時にして書類を読んで理解したんだろうね!
なんて良い加減なの♫

線路が続いてるの見るとスタンドバイミーに見えてくるのはあたしだけ・・?

 

No title

志村のコントみたいなやりとりだな。

 

No title

のぶさん

アフリカはどこもこんな感じのようです。
10000シルは500円です。
日本円だと安いですが、ウガンダでは結構いい値段ですよ。
ウガンダ人の視力はよく知らないですが、2.0以上じゃないですかねぇ。

Enda

ウガンダは10月2日に新隊が来ます!
早いよねぇ。

meg

最後の写真はちょっとスタンドバイミーだったので撮ったのよ。
いい感じでしょ。

DT

ほんとコントみたい。
ただウガンダ人は真面目だから困る。

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
リンク
Flag counter
 
free counters
 
ClustrMaps
 
 
都道府県別アクセス
 

ジオターゲティング
 
なかのひと
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。