プロフィール
 

ugandakonpei

Author:ugandakonpei


青年海外協力隊現職教員参加制度でウガンダに派遣中。
帰国は平成23年3月21日


連絡は
ugandakonpei@gmail.com

 
カテゴリ
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
カウントダウン
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

のほほんとアフリカのてっぺんに登ってみた 3日目

 
2011/02/20(Sun) Category : キリマンジャロ登山記
目がさめたので時計を見ると、まだ朝の5時であった。
夜が明けてないのかあたりはまだ暗く、隣のS隊員を見ると静かに寝息を立てながら寝ていた。
S隊員を起こさないように静かにテントを出ると、冷気がぼんやりとした頭を目覚めさせる。
ヘッドライトの光を頼りにトイレに行こうとするが、テントから距離が離れているせいかわかりづらい。
なんとかたどり着き、用を足してテントに戻ってしばらくの間、テントの外で夜が明けるのを待つことにした。
P1000666.jpg
朝焼けのキリマンジャロを見たあと、いつものように身支度を整えてから朝ごはんを食べるのであった。
今日の行程は4600mにあるラバタワーまで登り、3950mのバランコ・キャンプまで下るという高地順応の日である。
8時20分に出発した我々は霧の中、歩きやすいが変化に乏しい道を延々と登っていくのだった。
P1000667.jpg
登り始めて30分もしないうちに早くも疲れが出てきた俺は、初め体調が良くないだけかと思っていた。
しかしだんだんと頭痛と吐き気がひどくなり、歩くのもしんどい有様。
「とうとう高山病がきたか、、、」と思っていた矢先、後ろを歩いていたA隊員が嘔吐。
俺だけでなくA隊員も高山病に苦しんでいたのだ。
しかし、正直言ってその時の自分にはA隊員のことを心配できるほど余裕はなかった。
なぜならこの後昼休憩を取るまでの4時間近くは意識が朦朧としてしまいあまり覚えていないからだ。
あとから聞いた話によるとふらふらと足もとがおぼつかなかったらしい。
そして昼食。
P1000668.jpg
少しでも食べないと身体がもたないだろうと思い、無理やりパンをひとつ食べる。
この調子だと脱落するかもなぁと思っていたところ、オーガストが提案をしてきた。
「このままラバタワーに行く人と、ラバタワーまで行かずにそのままバランコ・キャンプに行く人と分かれてもいいよ。どうする?」
当然このままだとラバタワーなんか行けるわけがないと思っていた俺はそっとA隊員の様子を伺った。
同じように高山病で苦しんでいるA隊員のことだから、きっとそのままバランコ・キャンプに行くことにするだろうと思っていたのだが、A隊員から出た言葉は
「ラバタワー行きます。」
であった。
それを聞いた俺は心のなかで「まじか!!」と叫んでいたのだ。
正直ラバタワーに行く元気などなかった俺はA隊員が「行かない」と言ったら「俺も行くのやめます」と言おうと思っていたのだが、予想外の言葉に焦って出た言葉は、
「じゃあ、俺も行きます。」
であった。
A隊員のこの小さな身体のどこのそんな根性があるのか不思議でしょうがなかったが、行くとなったものは仕方がない。
小ぶりの雨の中、ラバタワー目指して我々は出発するのであった。
相変わらず意識朦朧としながら歩いていたのだが、やや下りの道の途中に急に意識がはっきりしてくるのがわかった。
そしてその後は少しずつ元気を取り戻し、なんとかラバタワー(4600m)に到着したのだった。
あいにく霧がひどくてラバタワーがはっきりとは見えないが、富士山の頂上よりもさらに1000m近くも高いところにいるという興奮で今までの疲れを忘れていた。
P1000672.jpg
しかし、A隊員は無理がたたったのかすぐにバランコ・キャンプに向けて下山。
我々もその後を追うように下山するのであった。
バランコ・キャンプに向かうまでの道のりにはジャイアント・セネシオがいたるところ生えていた。
P1000702.jpg
バランコ・キャンプに到着してもA隊員の具合はよくならず、テントでも嘔吐するという事態に不安になる我々であった。
 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

3日目は辛かった!

更新お疲れ様です。電気戻ってきて良かったね♪
私はこの3日目はほとんど記憶がありません。なんで「ラバタワーに行く」と言ってしまったのか・・・写真はまさに捕らえられた宇宙人(笑)とにかく巻き込んでソーリーでした。
高山病は症状が出たら無理してはいけないというのが鉄則ですね。本当に。
そしてオーガストはやっぱり男前ですね。本当に。

 

No Title

A隊員

どもども。お陰さまで電気復旧しました。
A隊員も記憶なかったんだね。
最終アタックもきつかったけど、この3日目が山だったね。
無理は禁物だけど、登頂できたからハクナマタタです。
もちろんオーガストは男前です。本当に。
フランシスも男前ですよ。本当に。

 

高山病て

なんか怖いイメージ

ワタシならきっと
薬飲んでもなるなw

あ.薬服用した方たちは
何もなかったの?

 

山!

山登りは好きだけど高いと大変なんだね
おつかれさま^^

もう日本についてるの?

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 

    
 
Home | Top ▲
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
リンク
Flag counter
 
free counters
 
ClustrMaps
 
 
都道府県別アクセス
 

ジオターゲティング
 
なかのひと
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。